So-net無料ブログ作成
その他 ブログトップ

最近の音響事情 [その他]

あまり関係ないですが、
知り合いに
「ちょっと事情で遊びに行きます。」

とメールしたら、

「ちょっと情事で遊びに行くって、誰と[exclamation&question]
と返事が返ってきました。

..っていうか本題とは関係なかったです。


春のヘッドホン祭りに行ってきた。 [その他]

フジヤエービックさん主催の「春のヘッドホン祭り」に行ってきた。
ピクチャ 3.jpg
前回までの「超厳選環境のハイエンドショー」の趣とは少し違って、
メーカもたくさん、人もたくさんでワイワイ、
ヘッドホン娘も何人もいて、華やかなショーでした[グッド(上向き矢印)]
その分ちょっと会場が狭かったり、動きにくかったりするのはご愛嬌でしょう[あせあせ(飛び散る汗)]
最終的には100人以上が参加したらしいです。

出展された機材は、
ハイエンドはハイエンドでも何とか手が出るような、

でも、手を出したら2ヶ月ご飯がパンの耳になるようなそんなクラス。

で、今回の大きなショーでの私の目標は、


「で、結局、バランスアンプ、どうするんですか?」

何しろ、私のEdition9はもう元の体に戻れない子になっちゃってます

そういう意味では今回の目玉は聞いたことがない、
ピクチャ 1.jpg

でした。
元々、Intercityは固い音と聞いていたのですが、
音も密度感があって、ノリも良く、かなりツボ。
こいつは好印象です。

ちょっと...MBA-1Sのピカピカ仕上げは..アレですが。。

他にも気に入ったアンプは幾つかあるのですが、
今回の最大の誤算はコイツでした。

ピクチャ 2.jpg


これまで、

「入力が弱い」印象が強かったGCHA。

ねぇ?これまで、バランス入力がなかったから、
買わなかったんだよ?

で、どうして今になって、
何の発表もなくいきなり

バ ラ ン ス 入 力 が 付 く ん だ よ?orz

良い方への変更だから文句も言えない。
ちっくしょう!!滑らかに出る音、良いぜ!!!!
可愛さ余って憎いwww

「もう、この際、E9はほっといて、DLIIIとGCHAでいいんじゃね?」

という声が頭をよぎる。

うむぅ。。
CECもバランス出力付きのアンプを開発中で、秋頃発表、とか言ってたな。。
もう何を買って良いものやら。。
他にも、Rudi、Musica..

もう、何の恥じらいもなく言ってしまおう。

Yukkyのアンプ選び、振り出しに戻る。

何のために用事を作ってまで出張を使ったのかと小一時間
まぁ、アンプに刺さってるヘッドフォンがバラバラで、
比較しにくかったという言い訳はありますが..(←各ブースで[音楽]は用意するでしょうからこれは仕方ない)

今回はイヤフォンも出展してました。
電車で移動することが多いので興味深かったのですが、HIBINO(Shure)とM-AUDIO(UE等)
(fi.10もSE530もそれぞれ低域に実体感があって良かった)
の隣でエントリージャパンさんが、イヤーチップを出展していました。
使ってみると、Shureの弾丸と比べても柔らかくて、耳にしっかりフィットする感じ。

正直、消音派のYukkyにはshureやEtymotic Researchのイヤフォンでも遮音性が
もう少し欲しいところですが、このチップは結構気に入りましたw

で、ブースの人とゴチャゴチャ話していると、
「じゃあ、Sh○reさんのイヤーチップとこのイヤチップ交換しましょう」

マジッスかw
とのことで、交換[グッド(上向き矢印)]

ピクチャ 5.jpg
うーん、チップの色が白で本体のデザインと破滅的なまでに合わないのと、
汚れが気になりそうだ..
黒の発売が強く望まれる。。

最後はコミュニティスペースで恒例(?)の他の方のヘッドフォンを試聴させていただきました。

私もコソッと持っていきましたが、2Move、聞いてみたいという方が何人かいらっしゃって良かったです。
ピクチャ 2.jpg

そして、2Moveの電池ボックスがちゃんと閉まることが分かって本当に良かった[わーい(嬉しい顔)]

イロイロ聞いてますます迷いが深まった感もありますが。。
取りあえず明日からは、
お金、がどこかに
落ちてないか探しながら歩くことにします[end]

HPAどうしましょう。 [その他]

どうも、
最近引っ越しをしましたYukkyです。
引越で気になるのは、どれだけ良い電源なのか、ですが、

築50年、100人住む寮から、
築20年の部屋に移ったからといって、

大差なくどっちも悪い...わけです[たらーっ(汗)]

さて、
E9もバランス化したので、
そろそろ、バランスアンプが欲しくなってきました。
ところで、


何を基準に選んだら良いんでしょう
これまで聞いたバランスアンプは

Rudistor
【RPX-100】
艶艶で、音の繋がりと空気感の表現は素晴らしい。
音のクリームポタージュスープ。
ワイン風にいえば、ビロードの喉越し[ビール]
ただし、40万越え。

【NX-33】
RPX-100の廉価版。
やっぱり音の繋がりはとても滑らかだけど、
RPX-100程は癖が強くない。
シルクののどごし。

【headroom】
かっちりした音を鳴らすアンプ。
やや、空間は狭いように感じたものの、超高解像度、超制動。
音の鉄筋コンクリート。

【musica HP200b】
初の国産バランスアンプw
これで、故障した時に英語でコミュニケーションを取らなくて済むw
濃い、音楽的な音を鳴らすアンプという印象。


さて、値段を気にしなければ
お気に入りはRPX-100なんですが、
この子、ラウンジ系には合うんですが、
どう聞いても、音が滑らかすぎて
ロックには合わないように思うんですね。
その辺りが...
あと、

もちろん財布に優しくないです。


今はマランツのSA-15S1に直刺しで、
固めの音できいているので、
次は柔らかめ...
私が聞く音楽のジャンルもロックから、ラウンジ、打ち込み、ジャズからクラまであるし...
アンプの音の傾向もどれも違うし...かといって、


だ っ た ら 全 部 買(ry

は無理なわけです。うーん。

そういうことで、
春のヘッドフォン祭りには、その辺りを気にしながら参戦の方向で。

へっど本。。。1978年のヘッドホンの本 [その他]

ちょっと前に1978年に発行の
「Hi-Fiヘッドフォンのすべて」という本を手に入れた。

ほとんどの機種は知らないけど、レビューが載ってる全47機種の中ではKossの4AA、バージョンは違うけど、DT-440、K240辺りが現役みたい。
レビューは載ってないけど、The シーラカンス、DT-48ももちろんあったらしい...
当時ですでに、発売から30年以上か[あせあせ(飛び散る汗)]

内容は、結構スゴい[あせあせ(飛び散る汗)]
ヘッドホンの歴史、ヘッドフォンの各タイプの解説から、
簡単な(?)

構造図まで掲載



誰がこの情報を必要とするのかと。。
いや、見るには見る...か...

さらにそれぞれのヘッドフォンの測定データを挙げて客観性作りにも余念がありません。
その流れからか、レビューが載っている47機種の紹介は全て3人のレビューアーが書いています。



が、

三 人 が て ん で バ ラ バ ラ で 誰を信用していいものか分からない件に付いて

例えば
サンスイS○-80



Σ(・□・;|||

かまぼこなのか、低音、高音が出てるのか、どっちなのか。。

他にも
「非常に自然な音で総統大きな音でもひずまない」

       V.S.

「鼻をつまんだような音色は妙だ」
だから、どっちを信用したら...
というか、今の本だったらありえないような、解説の否定っぷりもオモシロイ。



これを機に、ちょっとレトロな[音楽]、探してみようかと。

その他 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。